素材について

牛革(カウスキン)革製品の多くは牛革で作られています。もっとも一般的な原皮で、幅広い用途に使用されています。
使用する部位や牛の年齢によって、用途や風合いは異なり値段にも大きな違いがでてきます。
外見上の特徴は特になく、革の表面に加工を施すことにより、爬虫類の皮などを模造することも可能です。

カーフスキンとは、生後6ヶ月以内の仔牛の皮をなめしたもので、キメが細かく美しく柔らかいのが特徴で、牛革の中で最も上質とされます。
傷が少なく、有名ブランドの高級革製品等にも用いられています。
また、取れる部分が非常に少ないので希少価値が高い素材です。

ベビーカーフとは、生後3ヶ月ほどの仔牛の皮はベビーカーフと呼び、カーフスキンよりもさらに面積が小さく、銀面(表面)のキメの細かさが際立つ最高級素材です。

 

マホガニー材は、木材としては導管が大きく柔らかいため加工しやすく、繊維方向に現れるリボン杢と呼ばれる立体的な見た目から高級家具や高級楽器などに使用される木材として知られる。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る